宝物

課題4:あなた以外の3人以上に、(1)あなたの良いところ(2)あなたが●●●のスタッフとしてどう貢献できるか?の、推薦コメントをもらってきてください
treasurecard

今年の4月に行った勉強会フェス。
このイベントをきっかけに複数の方とイベントを主催することの難しさや、組織としてどう行動したら、どうしたら、もっと良い会ができるんだろうって考えてきました。
「どうしたら複数のメンバーで大きなイベントを、皆が気持ちよく、楽しく、モチベーションをもって、滞りなく、行うことができるんだろう。。」
そんなモヤモヤがあり、そのモヤモヤは解消されないまま。

そんなきっかけがあり、9月より新たな勉強会組織の手伝いを行うことにしました!
組織の中で勉強会の運営を携わることにより、そのモヤモヤが解消されるヒントが掴めるんじゃないかと思ったから。
それに、新たなフィールドで挑戦できる楽しみもありました。

この勉強会組織。
10年以上続く勉強会で、今まで100回以上勉強会を開催しており、会員が数千人規模。
今までできなかったダイナミックな新たな挑戦もできるかも!とワクワク♪

お手伝いの希望を出した所、課題が出ました。
その時に出た課題がこちら。

課題4:あなた以外の3人以上に、(1)あなたの良いところ(2)あなたが●●●のスタッフとしてどう貢献できるか?の、推薦コメントをもらってきてください

この課題を提出するため、友人に推薦文をお願いしました。 いただいたのが、以下の推薦文。
☆--------☆

ベッキーは世界を変えることができる人です。

人生はドラマです。
世界とは、その人が見る人生のドラマのことです。

ベッキーには、その人が見る人生のドラマを書き換えてしまう力がある。
ベッキーは、セミナーをプロデュースすることで登壇する人の世界を変えます。

セミナープロデュースの細かなテクニックはたくさんあります。
魅力的なコンテンツ作りの手法、人を惹きつける表現技術、説得力を持たせるためのストラクチャー等、挙げればキリがありません。
もちろん、ベッキーはそのたくさんのテクニックを持っています。

御勉強会の登壇者、受講生の方々にも質の高いフィードバックを提供し続けることは可能でしょう。

しかし、それはベッキーでなくてもできることです。

ベッキーにしかできないこと、それは「セミナーを通して人に大きな大きな自信を与えること」です。

ベッキーがプロデュースするセミナーに登壇する人は目が輝きます。
そこに、世界を変えられた人の瞳を見ることができます。

詩人のマヤ・アンジェロウにこういう言葉があります。
「人はあなたが言ったことを忘れ、あなたがしたことを忘れます。しかしあなたがどんな気分にさせてくれたかを忘れることは決してありません」

ベッキーがプロデュースした人は「自分の人生は素晴らしい」と気づかされることになります。
ベッキーの魔法にかけられてしまうのです。

その気分は、一生忘れることはないでしょう。
それはベッキーにしかかけられない魔法で、標準化できるスキルではありません。

それでも教育を生業としている僕には、夢があります。

世界中の大人を、子供が憧れられる大人にしたいということです。
それはすなわち、ベッキーのような人に育てたいということです。

自信を持って幸せに生きていける人を作ることに情熱を燃やし続けられる人、そんな人を育てたい。

まずは僕が、尊敬するベッキーのようになるところからです。

ベッキーのそばにいれば、そんな自分になれる気がするのは僕だけではないと確信しています。

☆--------☆
びっくりしました!
びっくりして、この推薦文を絵本にして毎日眺めたいと思って、絵本にするにはいくらかかるか見積もりをとっちゃいました!!!(真剣に)

これはもはや推薦文ではありません。
大事な勉強会仲間からもらった、このレター。

私の宝物です。
また明日も、私の宝物を公開予定です!

===
▼みんなで学ぼう!「学びの場」がたくさん!
今後開催予定の勉強会はコチラ

大人気の瞑想の会、kindle読書会、リアルマーケティング勉強会、フォトリーディングの読書会、などなど・・

35023_501944019868263_876852978_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中