夏旅2013 in Nepal~第四章 アンナプルナ村とはなのいえ~

ポカラから山道を2時間半、今日ははなのいえで1日を過ごします。
お目当てはヒマラヤ山脈の眺め。

はなのいえは日本でオーガニック化粧品を販売しているナイアードが15年ほど前から始めた宿泊施設。
ポカラより1000メートルくらい標高の高い場所にあります。

2時間半ほどかけて山を登ると素敵な石造の家が見えてくる。
山登りの途中、棚田がとても綺麗に見え、中腹にある村を眺めながら楽しく山登り。

この山路はポカラからダンプス~プールヒルへ登るルートだそう。
欧米のトレッカーとも途中、すれ違う。

はなのいえでの滞在はとても素晴らしいものでした。

はなのいえは5棟のゲスト用のお家とダイニングや広い庭と畑、牛や山羊からなる4ヘクタールの土地にある。

すぐ近くに村があり、散歩がてらガイドさんに案内してもらう。

街に比べ村の暮らしの方が豊かに見える。
米、とうもろこし、粟などを栽培していて、ヤギと牛、ニワトリを飼っている。

子供達はみな制服を着て学校に通っている。

ガイドさんの家に案内してもらったが、本当に質素。
窓もなければ、部屋は1つしかない。それも広さは8畳くらいととても狭い。
そこに家族4人で暮らしている。

物質的には電化製品といえば携帯くらいしかない質素な暮らしぶりだけど、彼らを見ているとほっと心が和む暖かさを感じる。

またカトマンドゥなどの街中にはない、その暖かさ。
山を登る2時間の間も通りかかる人皆に声をかける。
隣の村や自分の村の人たちと本当に親しくしていて、楽しそうに話している。

ネパールは多民族国家。
きっと同じ民族同士の結びつきが強いんだろうなと感じさせる光景だった。

山道ですれ違うチベット系の民族には声をかけようとしなかったから。

はなのいえでは昔ながらのろうそく作りなどを体験。
翌朝は見事なヒマラヤ山脈が見え、目的も達成!

もっとのんびり過ごしたい、そんな素敵な場所でした。
ヒルにも刺されなくて、よかった!

明日はポカラからカトマンドゥへ戻ります!

2013.8.20

iPhoneから送信

20130822-162634.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中